使用目的に応じた書体の種類

本文用

  • 目立たない、見慣れない書体
  • 透明性があって、「言葉の意味の流れ」を伝える書体
長文 明朝体
短文 明朝体・ゴシック体

ディスプレイ用(大きなサイズ、見出しなど)

  • 言葉の意味を「増幅する」書体
  • ウェイトが太い書体(見出し明朝など)・ウェイトの差が激しい書体
  • 個性的で特徴がある書体
ポスター・カタログ・チラシ類のキャッチ・コピー あらゆる書体が可能
書籍・雑誌中の見出し ゴシック体