行長と行送りの関係

1.一般的な原則

  • 標準的な組版での行送り → 二分か二分四分
  • 行長が長くなるほど、行送りを広く設定する。 → 目が行頭を捉える事が難しいから。

2.書体と行送り

  • かなが大きい書体 → 行送りを広めに設定することが望ましい。
  • ゴシック体 → 明朝体系よりも行送りを広めに設定するのが望ましい。
  • 一般的には、同一サイズでの書体では漢字は仮名よりも大きいが、近年の傾向としては、かなが大きくなっていることに留意します。小仮名を用意した書体も最近では再設計されています。

3.書体サイズと行送り

  • 書体サイズが小さければ → 行送りを広めに設定する事が望ましいです。

4.組み方向と行送り

  • 同一文ならば → 行送りの広さは「タテ組み < ヨコ組み」の関係が望ましいです。
  • 同じ行長では → 行送りの広さは「タテ組み < ヨコ組み」の関係が望ましいです。

5.書体と行長

  • 同じ行長では → 行の長さは「明朝体系 < ゴシック体系」の関係が望ましいです。

6.本文(テキスト)の内容と行送り

  • テキストの内容が難しい場合 → 行送りを十分にとる方法もあります。(行送りを読ませる)
  • ルビ(ふりがな)がある組版 → 二分(全角の50%)以上の行送りが必要です。※ルビは使用活字書体の半分のサイズを用いるため。

7.組み方向と行長

  • 同一文ならば → 行の長さは「ヨコ組み < タテ組み」の関係が望ましいです。

8.読者対象と行送り/行長

  • 読書対象の年齢層を考慮します。
  • 熟練した読者層か、読書が習慣化していない若年層かを考慮します。

9.予算と行送り/行長

  • 全体のページ数が多く、しかも経済的(予算的)に余裕がある場合 → 行送りをやや広めに
  • しかも行長もやや短めに設定する方が、読み手の目が疲れません。さらには、版面が落ち着く。